クラミジアに感染した場合に便利な治療法および検査方法を知ろう

クラミジアの現状

girl using drugs

最近では若い人の性感染症が問題となっています。性感染症の中で多いと考えられているのがクラミジアとなります。いきなり増加するということはありませんが、最近では若い人の発症が多くなっているというのが現状です。世界で見ても感染者は多くなっていますが、日本だけを見ても多くなっています。今後も患者数は増えると考えられており、しっかりとした治療や予防が必要になると考えられています。クラミジアは現在では10人に1人が感染していると考えられています。しかし厄介なことに症状があまりでないという人が多くなっているので、気がつかないまま他の人に感染させていると言うこともあります。クラミジアの患者数は女性に多く、そのなかでもとくに10代や20代の若い人に多くなっています。

現在ではこのように感染者数が多くなっている病気ですが、クラミジアは昔から確認されています。慢性伝染病として存在していたものが、尿道に潜り込んで現在のようにクラミジアとして存在しています。昔は日本では、目に発生する原因菌としてトラコーマなどが有名となっています。具体的な感染経路としては、膣や子宮や男性の尿道や咽頭に住み着いて、性行為によって感染することが多くなっています。性器の分泌物が目に入ってしまうと、激しい結膜炎を引き起こすこともあるので注意が必要となります。現在では若い女性の性に関する問題が多くなっているので、クラミジアに知らない間に感染していると言うことも珍しくありません。したがって自分で予防をするということも必要になります。